• 昨日報じられた「VF Corporation(VFコーポレーション)」による〈シュプリームコピー〉買収。https://vogcopy.net/アメリカ・デンバーを拠点とする同社は、〈THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)〉〈Vans(ヴァンズ)〉〈Timberland(ティンバーランド)〉〈Dickies(ディッキーズ)〉などの親会社として知られる。これらの多くは〈Supreme〉の定番コラボレーターとして、ファンの間では既にお馴染みだろう。

    その買収額は21億ドル(約2,200億円)とレポートされているが、本パートナーシップによって〈シュプリーム コピー〉は今後どのような道を歩むのか。“何も変わらない”というのが正解かもしれない。James Jebbia(ジェームス・ジェビア)のブランド残留は発表されているし、「VF Corp」傘下以外のブランドとのコラボレーション継続も約束されている。Jamesは今回の買収に際し次のようにコメント。「THE NORTH FACE、Vans、Timberlandなど、我々が長年にわたって協業してきた優秀なブランドを傘下に持つ世界クラスの企業であるVFに加入できることを誇りに思います。このパートナーシップは、我々の独自の文化と独立性を維持しながら、Supremeを設立した1994年以来歩み続けている同じ道を進むことを意味します」

    先述したように、〈Supreme〉は既に「VF Corp」の抱える主要ブランドとは旧知の仲。シュプリーム スーパーコピー〈THE NORTH FACE〉は2007年から、〈Vans〉に至っては創業間もない1996年からコラボレーションを行っている。〈Timberland〉は両者に比べるとやや遅く、2011年に「VF Corp」傘下に。同年に〈Supreme〉とのコラボブーツを発表している。近年、ほぼ毎シーズンこの3ブランドはコラボパートナーとして登場しており、これ以上コラボレーションが増えるのもやや考えにくい。強いて挙げるのであれば、今後〈シュプリームコピー〉は「VF Corp」のプラットフォームを活用できるので、販路が広がる可能性はある。Jamesのコメントを考慮すると、もし〈シュプリームコピー〉がそれを望めばということにはなるが……。今後の動向にも要注目だ。

    ▼コメント▼
    VOGCOPY.NETへようこそ、ショッピングを楽しみに
    ▲ レディース 館の商品は一緒に発注出来る
    ▲HP未掲載品でも他店の商品でも発注出来る
    ▲会員登録をせずに商品をご注文出来る下記のメールアドレスにご連絡ください。お問い合わせ先: admin@vogcopy.net
    ▲当店からのメールが届かない場合お手数ですが、一度「迷惑メール」フォルダーをご確認くださいまたはURL付きメール拒否設定を解除した後、ご注文を頂けますようお願い申し上げます https://vogcopy.net/goods-68241.html


    http://vogcopy233.livedoor.blog/archives/8458059.html
    http://blog.eigyo.co.jp/vogcopy123/article/425193
    http://vogcopy233.livedoor.blog/archives/8458157.html


    votre commentaire
  • 「バーバリーで初のメンズに特化したコレクションを制作するにあたり、私は表現の自由を称えたいと考えました。外出が出来ず屋内に閉じこもっている時に、人々が一体となり湧き上がるクリエイティビティを思い、アウトドアとその美しさを夢見たのです。そして20世紀初頭のイギリスのクラフツマンシップと、当時人々が未開の土地を求めエスケープしたアウトドア・ムーブメントという、イギリスが持つ幅広さに魅了されました。彼らは自然や  https://vogcopy.net/アウトドアへの深い敬意をもとにコミュニティを形成し、可能性に満ちた未来を思い描きました。私は、彼らの芸術的なクラフツマンシップ、色づかいや形状だけではなく、彼らの強い連帯感や仲間意識に惹かれたのです。  このコレクションは、自由を求め、新しい表現の形を発見してきた自然と人間との関係性へのオマージュなのです。自らの道を切り拓いてきた人々の力強さとエネルギーがこのコレクションにインスピレーションを与えてくれたのです」
    リカルド・ティッシ、バーバリー チーフ・クリエイティブ・オフィサー

    リカルド・ティッシによってデザインされた、バーバリーの2021年秋冬メンズコレクションは、アウトドア、クリエイティビティ、そして夢との深いつながりを称えています。本プレゼンテーションは、バーバリー バッグ コピーロンドンのリージェントストリートにあるバーバリーの旗艦店を、まるでさまよう地形のように再構成し発表されました。

    伝統を丁寧に見直し、表現の自由を追求し、ダイナミックであり、若々しく、生き生きとしたコレクションとなりました。アウターウェアは引き続き欠かせないアイテムとなっています。ウェアは風にそよぐようなプリーツやパネル、フリンジなどを使って、動作を反映させるよう設計されています。また、レイヤードされたアイテムは、着ることによって予想外に形を変えます。テーラリングにはクラシックにひねりを効かせ、トレンチコートやバーバリー・ベージュといった代表的なハウスコードを進化させています。



    ▼コメント▼
    VOGCOPY.NETへようこそ、ショッピングを楽しみに
    ▲ レディース 館の商品は一緒に発注出来る
    ▲HP未掲載品でも他店の商品でも発注出来る
    ▲会員登録をせずに商品をご注文出来る下記のメールアドレスにご連絡ください。お問い合わせ先: admin@vogcopy.net
    ▲当店からのメールが届かない場合お手数ですが、一度「迷惑メール」フォルダーをご確認くださいまたはURL付きメール拒否設定を解除した後、ご注文を頂けますようお願い申し上げます https://vogcopy.net/goods-90974.html


    http://www.maniado.jp/community/neta.php?NETA_ID=43681
    http://vogcopy123.eklablog.com/-a207323124
    http://b34.chip.jp/vogcopy123/blog/view.php?tnum=189


    votre commentaire
  • 今季も多数のコラボレーションを展開する〈シュプリーム コピー(シュプリーム)〉が、https://vogcopy.net/久方ぶりに〈ANTIHERO(アンタイヒーロー)〉とチームアップ。2020年秋シーズンに向けたコラボピースを11月28日(土)に発売する。

    Julien Stranger(ジュリアン・ストレンジャー)によって1995年に設立された〈ANTIHERO〉は、サンフランシスコを代表するスケートブランド。今回のコラボでは、ツイルジャケット、フーディ、Tシャツ2型、ビーニー、スケートデッキがラインアップする。過去コレクションでも両ブランドのロゴを融合させたグラフィックを用いていたが、今回も〈シュプリーム コピー〉と〈ANTIHERO〉のブランドネームを1文字ずつ切り離してコラージュした“ATMOSPHERE URINE”が大々的にフィーチャーされている。その他、以前にも使用されていた〈ANTIHERO〉のロゴである鷲が〈シュプリーム コピー〉のボックスロゴを加えたデザインなども再登場。

    〈シュプリーム コピー〉x〈ANTIHERO〉の最新コレクションは、シュプリームコピー バッグ Week 14の一環として欧米のオンラインストアにて11月27日(現地時間)発売。日本国内ではその1日後となる11月28日(土)に、オンラインおよび旗艦店にてリリースされる。

    『HYPEBEAST』がお届けするその他最新のファッション情報もお見逃しなく。

    ▼コメント▼
    VOGCOPY.NETへようこそ、ショッピングを楽しみに
    ▲ レディース 館の商品は一緒に発注出来る
    ▲HP未掲載品でも他店の商品でも発注出来る
    ▲会員登録をせずに商品をご注文出来る下記のメールアドレスにご連絡ください。お問い合わせ先: admin@vogcopy.net
    ▲当店からのメールが届かない場合お手数ですが、一度「迷惑メール」フォルダーをご確認くださいまたはURL付きメール拒否設定を解除した後、ご注文を頂けますようお願い申し上げます https://vogcopy.net/goods-91616.html


    http://blog.eigyo.co.jp/vogcopy123/article/424861
    http://vogcopy233.livedoor.blog/archives/8424143.html
    http://www.maniado.jp/community/neta.php?NETA_ID=43628


    votre commentaire
  • 「フェンディコピー(FENDI)」は10月1日、仏香水メゾン「メゾン フランシス クルジャン(MAISON FRANCIS KURKDJIAN)」とのコラボプロジェクト「フェンディフレネシア」の第2弾として、https://vogcopy.net/“フェンディフレネシア ピンク”(6万6000円)を発売する。「フェンディ」直営店や、ブランド公式オンラインストアで取り扱う。

     “フェンディフレネシア ピンク”は、1997年にシルヴィア・フェンディコピー(Silvia Fendi)がデザインし、2019年春夏コレクションで復活したアイコンバッグ“バゲット”をナノサイズに変化させた“ナノ バゲット(Nano Baquette)”のコラボ限定色だ。「メゾン フランシス クルジャン」がこのプロジェクトの為に調香した“フェンディフレネシアピンクオードパルファム”のミニボトルが付属する。

     “フェンディフレネシア ピンク”はミラノ・ファッション・ウイーク期間中となる9月24日、フェンディ コピーイタリア・ミラノのモンテナポレオーネ通りの「フェンディ」で開催するポップアップで世界初披される。


    ▼コメント▼
    VOGCOPY.NETへようこそ、ショッピングを楽しみに
    ▲ レディース 館の商品は一緒に発注出来る
    ▲HP未掲載品でも他店の商品でも発注出来る
    ▲会員登録をせずに商品をご注文出来る下記のメールアドレスにご連絡ください。お問い合わせ先: admin@vogcopy.net
    ▲当店からのメールが届かない場合お手数ですが、一度「迷惑メール」フォルダーをご確認くださいまたはURL付きメール拒否設定を解除した後、ご注文を頂けますようお願い申し上げます https://vogcopy.net/goods-90554.html


    http://vogcopy233.livedoor.blog/archives/8409966.html
    http://blog.eigyo.co.jp/vogcopy123/article/424843
    http://vogcopy233.livedoor.blog/archives/8410022.html


    votre commentaire
  • イタリアのローマを本拠地とするラグジュアリーブランド「FENDI(フェンディ)」と表参道沿いの四季折々の風景を楽しめるアイコニックなカフェ「ANNIVERSAIRE CAFÉ OMOTESANDO(アニヴェルセルカフェ 表参道)」がパートナーシップを締結。

    期間限定で、https://vogcopy.net/フェンディコピー日本初となるカフェ「FENDI CAFFE by ANNIVERSAIRE(フェンディ カフェ バイ アニヴェルセル)」がオープンした。

    本カフェは、アイコニックなロゴ使いが特徴のウィメンズ&メンズのウエアやバッグ、アクセサリー、シューズの2020年ホリデーコレクション「FENDI ROMA(フェンディ ローマ)」の発売を記念して開催されるもので、20年以上の歴史を誇るアニヴェルセルカフェ 表参道との特別なコラボレーション企画となっている。

    アイコニックなFFロゴは、カフェの内装やテーブルウエア、フェンディ コピーFENDIコピー持ち帰りできるカトラリー兼マスクケースなどにも用いられ、細部にまでフェンディの世界観を演出している。
    期間中は、アニヴェルセルカフェ 表参道の通常メニューに加え、フェンディ家秘伝のレシピをベースに作られたFFロゴ形の’EFFE n°1925’や限定のデザート、スペシャルフルコース、アラカルトメニューを提供する。

    ▼コメント▼
    VOGCOPY.NETへようこそ、ショッピングを楽しみに
    ▲ レディース 館の商品は一緒に発注出来る
    ▲HP未掲載品でも他店の商品でも発注出来る
    ▲会員登録をせずに商品をご注文出来る下記のメールアドレスにご連絡ください。お問い合わせ先: admin@vogcopy.net
    ▲当店からのメールが届かない場合お手数ですが、一度「迷惑メール」フォルダーをご確認くださいまたはURL付きメール拒否設定を解除した後、ご注文を頂けますようお願い申し上げます https://vogcopy.net/goods-84285.html


    http://vogcopy233.livedoor.blog/archives/8403179.html
    http://blog.eigyo.co.jp/vogcopy123/article/424824
    http://vogcopy233.livedoor.blog/archives/8403242.html


    votre commentaire


    Suivre le flux RSS des articles de cette rubrique
    Suivre le flux RSS des commentaires de cette rubrique